中区・西区版 掲載号:2020年7月16日号 エリアトップへ

世界の朝食レシピ本、完成 異文化理解に 西区の団体

社会

掲載号:2020年7月16日号

  • LINE
  • hatena
完成本。手にするのは加藤さん
完成本。手にするのは加藤さん

 30カ国の朝食レシピをまとめた一冊『世界の朝ごはん』が、このほど完成した。アジアからヨーロッパ、アフリカ、中南米などの朝食レシピを写真をふんだんに使い紹介。食を通して異文化理解を深めることが目的だ。

 この本は、西区東ヶ丘に拠点を置く特定非営利活動法人「Connection of the Children(CoC)」が手掛けたもの。CoCが運営する同所の多世代多国籍交流空間「CASACO(カサコ)」で月2回実施のイベント「世界の朝ごはん」100回を記念して企画された。

 完成した本はA4サイズ、48頁のオールカラーで税別1千円。紹介した料理の国を世界地図で示し、レシピを通して世界を旅するように楽しめる構成となっている。

 レシピは1頁ごとに複数の写真を使って紹介。また、子どもたちにも読みやすいようにと、全頁にわたり漢字にはルビがふられている。レシピ監修者のコラムや宗教による食文化の違いなどを解説したコラムも差し込まれており、子どもから大人までを対象とした読み物となっている。

 同書は、市都市整備局地域まちづくり課の協力のもと、クラウドファンディングを活用して制作費を確保。目標100万円のところ111万円が集まり、1千冊を印刷。全国30以上の小中学校などへも寄付。1月発行予定だったが、新型コロナの影響でずれこんでいた。

 編集メンバーは世界の朝ごはんに参加していた市内在住の学生たち4人。編集長の中野綾香さん=高校3年生(当時)=と副編集長で挿絵を担当した浅沼貴子さん=小学6年生(当時)=が発案した。中野さんは、料理をして味わう経験から得たものが「自分の世界を広げる第一歩になっていたら幸いです」とコメントを寄せている。

 CoC代表で、編集をサポートした加藤功甫さんは「単なる資料集のような世界の紹介にならないようにする、という私たち大人にとってもやりがいのあるレシピ本制作でした」と振り返った。

 同書はCoCのHP(https://coc-i.stores.jp/)から購入できる。

中区・西区版のトップニュース最新6

外国人の相談窓口開設

横浜市居住支援協議会

外国人の相談窓口開設 社会

国の人手不足対策と連動

10月22日号

「力作」で防犯啓発

東久保町元交番

「力作」で防犯啓発 社会

閉鎖後も地域安全に一役

10月22日号

新聞広告が部門賞に

横浜市緑の協会

新聞広告が部門賞に 社会

動物のイラストを評価

10月22日号

西・中区ゆかりの4人も

横浜文化賞

西・中区ゆかりの4人も 文化

文化、芸術、スポーツで

10月15日号

子ども食堂、再開徐々に

子ども食堂、再開徐々に 社会

食品提供の団体も

10月15日号

シェアキッチンが開業

石川町1丁目

シェアキッチンが開業 社会

創業意欲に応える場に

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 9月16日22:33更新

  • 9月10日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク