横須賀版 掲載号:2020年1月1日号 エリアトップへ

旧ショッパーズ 再オープンは4月下旬 シネコンやブックカフェも

経済

掲載号:2020年1月1日号

  • LINE
  • hatena
工事が進む旧ショッパーズ(12月24日撮影)
工事が進む旧ショッパーズ(12月24日撮影)

 現在リニューアル工事中の大型商業施設「旧ショッパーズプラザ横須賀」の再開が今年4月下旬を予定していることが分かった。またフロア構成やコンセプトなど、施設概要に関する新たな情報も明らかになった。

 「ショッパーズ」は1991年、ボウリング場や映画館などを有する、市内最大の複合型商業施設として開業。以来30年近く汐入の顔として営業を続けてきた。施設の老朽化や周辺に大型競合商業施設が増えたことなどからテコ入れ策として大幅なリニューアル工事を行うため、昨年3月に一時閉店。周辺住民や商店街などからその動向に注目が集まっている。

「コト」の消費も

 新施設のコンセプトは地元食材の販売展開といったこだわりの「食」の提供、その場に行かないと体験できない、いわゆる「コト」、100以上の人気テナントを誘致し、買い物を楽しめる場―という3本柱から構成される。

 また明らかになったフロア構成では、6階でボウリング場を再開。5階にはフィットネスやカルチャースペースを設ける。市民から要望の高かった、市内唯一となるシネマコンプレックスを4階で復活させ、書店と喫茶スペースを組み合わせたブックカフェが新たな目玉の一つとして登場する。700席を有する大型フードコートのほか、サークルや学生たちの発表の場として親しまれてきたセンターステージも残す方向で話が進められている。

地元との連携継続

 施設オーナー企業のアジア・パシフィック・ランド・リミテッドは2016年に北九州にある「小倉サニーサイドモール」のリニューアルも手掛け、好評を得ている。その経験を活かし、横須賀での復活にも自信を見せる。担当者は「顧客のニーズや街の特徴に合わせ、尊重しながら地元の産業全体も潤うような施設にしていきたい」と話す。

 長年「ショッパーズ」と協力関係を築き、定期的にイベントを開催して地元を盛り上げてきたドブ板通り商店街振興組合理事長の越川昌光さんは「本町で商売をする同じ立場として、今までのように協力し合える関係を引き続き作っていきたい」と新たな施設にも期待を寄せる。

 正式なオープン日や新たな施設名称、具体的な入居テナント等の情報は2月以降の発表を予定している。

家族葬専用ホール「エニシア」

お客様のご要望に合わせて様々な家族葬をご提案致します

http://www.tatsuwaka-sougi.com/

<PR>

横須賀版のトップニュース最新6

背負うは武次郎義国

横須賀ジーンズ商会

背負うは武次郎義国 文化

墨絵刺繍の新スカジャン

3月27日号

養育費不払い「許さない」

横須賀市

養育費不払い「許さない」 社会

ひとり親世帯の支援事業

3月27日号

地域の「困りごと」 専門窓口へ

横須賀市

地域の「困りごと」 専門窓口へ 社会

田浦に続き浦賀でモデル実施

3月20日号

商店が地域の主役

横須賀商工会議所

商店が地域の主役 経済

空き店舗で「集いの場」づくり

3月20日号

夢を叶える秘密基地

汐入町

夢を叶える秘密基地 社会

若者が集うシェア施設

3月13日号

コロナに負けるな

コロナに負けるな 社会

知恵絞り「やれること」各所で

3月13日号

あっとほーむデスク

  • 3月20日0:00更新

  • 3月13日0:00更新

  • 3月6日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年3月27日号

お問い合わせ

外部リンク