横須賀版 エリアトップへ

人物風土記の記事一覧

  • 三代川 りかさん

    お母さん大学横須賀支部の共同代表で、6月16日にママイロフェスタを開催する

    三代川 りかさん

    小原台在住

    お母さんの「夢」輝かせたい ○…「子育ての息抜き、悩みを共有する機会になれば」。全国規模で展開する「お母さん大学」の横須賀...(続きを読む)

    6月14日号

  • 郷戸 了さん

    和太鼓奏者RYOJINとして6月15日に「横須賀芸術際2019」を開催する

    郷戸 了さん

    公郷町在住 34歳

    「音」に込める街の可能性 ○…「横須賀にはさまざまな顔がある。それを音楽で表現したい」。このほど、和太鼓コンサート「横須賀...(続きを読む)

    6月7日号

  • 森 勇人さん

    神奈川県パン協同組合連合会の会長として旭日双光章を受章した

    森 勇人さん

    佐野町在住 72歳

    パン業界の未来のために ○…パン業界の発展に尽くした功績が認められ春の叙勲で旭日双光章を受章した。学校給食のパン製造現場で...(続きを読む)

    5月31日号

  • 齋藤 純さん

    横須賀開国史研究会20周年の記念講演会で登壇する

    齋藤 純さん

    72歳

    歴史を知り、絆を深めて ○…横須賀を中心に、幕末から明治初期にかけての三浦半島に関する歴史の掘りおこしと研究を行っている「...(続きを読む)

    5月24日号

  • 佐久間 眞知子さん

    国際ソロプチミスト横須賀の会長を務める

    佐久間 眞知子さん

    三春町在住 74歳

    奉仕の想い積み重ね ○…2年に1度開催の青少年育成プログラム「ユースフォーラムin横須賀」を団体として主催。今年で10回を...(続きを読む)

    5月17日号

  • 小林 眞由美さん

    逸見地区を盛り上げる有志グループ「おゆきの会」会長の

    小林 眞由美さん

    小矢部在住 61歳

    挑戦する一歩の大切さ ○…三浦按針の妻「おゆき」に焦点をあて、逸見地区の活性化に繋げようと女性5人で3月に立ち上げたばかり...(続きを読む)

    4月26日号

  • RUEEDさん(窪塚亮介さん)

    アーティストとして今月、自身のレーベルとマスターマインド(株)を立ち上げた

    RUEEDさん(窪塚亮介さん)

    大矢部出身 30歳

    「表現者」の可能性広げる ○…音楽活動を始めて15年目の昨年、初のベスト盤をリリースし、都内でワンマンライブを行った。「自...(続きを読む)

    4月19日号

  • 辻 悠介さん

    横須賀商工会議所青年部(YEG)の新会長に就いた

    辻 悠介さん

    汐見台在住 36歳

    「目標がその日を支配する」 ○…結果を出すために強力な推進力でメンバーを牽引する。世間一般的なリーダー像とは、およそ対極に...(続きを読む)

    4月12日号

  • 阿尾 茂毅さん

    「還暦越え新人シンガーソングライター」として精力的に活動する

    阿尾 茂毅さん

    鴨居在住 62歳

    夢に挑戦「年齢は関係ない」 ○…「還暦越えアーティスト、本気の挑戦」―。ジャンルはシティロック。昨年夏、初のアルバム「St...(続きを読む)

    4月5日号

  • 大久保 哲哉さん

    今春から社会人サッカーチーム「フィフティークラブ」に所属する

    大久保 哲哉さん

    長浦町出身 39歳

    「現役続行にしがみつく」 ○…あくまでもプロ選手として現役にこだわり続ける。昨年までプレーをしていたJリーグ「ザスパクサツ...(続きを読む)

    3月29日号

  • 松崎 佑亮さん

    障害者スポーツ「アンプティサッカー」の普及に取り組む

    松崎 佑亮さん

    浦賀在住 29歳

    苦難の先に新たな挑戦 ○…「片足のサッカーをご存知ですか」―。自身がコーチを務める少年サッカーチーム「FC高坂」の子どもた...(続きを読む)

    3月22日号

  • 長堀 薫さん

    横須賀共済病院の病院長でAIを活用した「働き方改革」に取り組む

    長堀 薫さん

    米が浜通在勤 65歳

    「病院改革」AIで拓く ○…「めざせAIホスピタル」―。技術開発企業と協力しAI(人工知能)を活用したカルテ入力を試験的に...(続きを読む)

    3月15日号

  • 薬王寺 太一さん

    田浦泉町の「アーティスト村」に移住し、土器作家として活動する

    薬王寺 太一さん

    田浦泉町在住 43歳

    終わりなき「豊かさ」の探究 ○…田浦泉町の谷戸地区にある旧市営住宅を活用した地域コミュニティの再生に、横須賀市が昨年から取...(続きを読む)

    3月8日号

  • 清田 直紀さん

    小・中の教師を中心とする「教育サークル三笠」を主宰する

    清田 直紀さん

    衣笠中教諭 41歳

    自己の成長「学ぶしかない」 ○…理想に燃えて教育の世界に飛び込んだ若い教師が、現実の壁にぶち当たり疲弊していく―。未熟な授...(続きを読む)

    3月1日号

  • 杉本 與七(よしち)さん

    昨年の富士山開山期の最高齢登頂者になった

    杉本 與七(よしち)さん

    湘南鷹取在住 91歳

    山登りに定年無し ○…昨年夏、自身通算21回目となる富士山登頂に成功。同年開山期間中の70歳以上の登頂者、およそ2千人の中...(続きを読む)

    2月22日号

  • 寺坂 浩一さん

    声優・朗読家として市内で「大人のための朗読会」を開催する

    寺坂 浩一さん

    岩戸在住 49歳

    声の力 心に届ける ○…声にも多様な表情がある。これを演じ分けながら文章や言葉の奥にある世界を掘り下げて伝えたい―と「大人...(続きを読む)

    2月15日号

  • 中村 優仁さん

    初の全国大会出場を決めた武山ミニバスケットボールクラブを指揮する

    中村 優仁さん

    武在住 25歳

    「感謝の心」育む場所に ○…1月に開かれたミニバスの県大会決勝で横浜市のクラブに勝利し、チーム史上初の全国出場を決めた。「...(続きを読む)

    2月8日号

  • 小堀 聡さん

    京浜急行沿線のまちづくりに焦点をあてた「京急沿線の近現代史」を刊行した

    小堀 聡さん

    大津町出身 39歳

    ”中途半端”こそ横須賀の魅力 ○…京浜急行電鉄120年の沿線史を1冊にまとめた。車輛のカラーを模した表紙は鉄道ファン向けか...(続きを読む)

    2月1日号

  • 鈴木 茂也さん

    NPO法人三浦半島生物多様性保全の理事で、「ミゾゴイ」の冊子を手掛けた

    鈴木 茂也さん

    田浦在住 60歳

    自然見守る楽しさ継承 ○…世界中に600〜1700程度しかいないとされる絶滅危惧の渡り鳥「ミゾゴイ」。昨年末、三浦半島にお...(続きを読む)

    1月25日号

  • 一之瀬 幸生さん

    パパママ支援団体「よこすかYOU+」代表を務める

    一之瀬 幸生さん

    三春町在住 43歳

     「仕事と育児」両立の味方 ○…「子育てで困っているママを支援し、パパも主体的に関われる場を作りたい」と昨年11月、「よこ...(続きを読む)

    1月18日号

  • 佐藤 孝之さん

    「国内全駅乗降制覇者」として田浦鉄道フェスタで講演を行う

    佐藤 孝之さん

    平作在住 47歳

    まだ見ぬ場所への高揚感 ○…全国のJR線、私鉄の全9734駅への乗降を足かけ10年で達成。現在も新たな駅が誕生するたびに現...(続きを読む)

    1月11日号

  • 大黒 健司さん

    横須賀青年会議所(横須賀JC)の第67代理事長に就いた

    大黒 健司さん

    小矢部在住 32歳

    JC流の経済活性に挑戦 ○…「『明るい豊かな社会の実現』。青年会議所の活動の根幹をなすスローガンだが、理想とする姿やそれに...(続きを読む)

    1月4日号

  • 椿 優衣さん

    横須賀を中心に音楽活動をするシンガーソングライターの

    椿 優衣さん

    市内在住 25歳

    人を幸せにする音楽家(ミュージシャン)に ○…中央のライブハウスや居酒屋、衣笠の幼稚園など、横須賀を軸足に県内外で音楽活動...(続きを読む)

    12月21日号

  • 横須賀 ススムさん(望月 享)

    今月17日に凱旋試合を行うプロレスラー

    横須賀 ススムさん(望月 享)

    三春町出身 40歳

    悔しさを闘う原動力に ○…横須賀での試合は約20年前、今のヴェルニー公園での興行に出場して以来。「長年望み続け、ベストなタ...(続きを読む)

    12月14日号

  • 椎名 純子さん

    「ヨコスカママナビ」代表で今月8日に「ECOフェスティバル」を開催する

    椎名 純子さん

    米が浜通在住 

    地域の魅力 親子に発信 ○…「イベントや企画を通して横須賀を盛り上げたい」。多世代が集まる催しを―と思い浮かんだのが「環境...(続きを読む)

    12月7日号

  • 青栁 日那さん

    生活体験発表大会の全国大会に出場した

    青栁 日那さん

    野比在住 17歳

    置かれた場所で咲く ○…定時制と通信制高校で学ぶ生徒が、学校生活を通じて感じたことを披露する「生活体験発表大会」の県大会で...(続きを読む)

    11月30日号

  • 加藤 勝大さん

    食への関心を高める「全国学校給食甲子園」に出場する

    加藤 勝大さん

    池上小学校勤務 26歳

    食べる幸せ もっと身近に ○…自身が考案した池上小の自校給食が全国1701団体の中から決勝へと選ばれた。調理実技もある来月...(続きを読む)

    11月23日号

  • 関塚 康乃さん

    三浦学苑女子バレー部監督として、初の「春高バレー」出場を決めた

    関塚 康乃さん

    三浦学苑高校教諭 32歳

    奮闘実り「春」が来た ○…何もないところから女子バレーボール部を立ち上げて7年目。チームを初の「春高」へと導いた。「やっと...(続きを読む)

    11月16日号

  • 高橋 民雄さん

    浦賀地区を中心に地域活動に尽力している

    高橋 民雄さん

    浦賀丘在住 71歳

    原動力は横須賀愛と忠恕 ○…浦賀に移り住み約半世紀、「第二の故郷」と言い切る横須賀で根っからの世話好きとして防犯活動や町内...(続きを読む)

    11月9日号

  • 力武 誠さん

    「横須賀トモダチジャズ2018」に出演するジャズドラマー

    力武 誠さん

    ハイランド出身 45歳

    音楽に包まれていたい ○…横須賀ジャズ再興を掲げる一大音楽フェス「トモダチジャズ」に出演する。昨年はホール、今年は客の息づ...(続きを読む)

    11月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月14日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

浦賀町民の日常

講演会

浦賀町民の日常

「史料」に見る与力・同心

6月29日~6月29日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク